Top > いつも通り

いつも通り

パソコンの前で、絶えず動いている市場を眺めていると何やら売買をせずにはいられなくなるという抑えようのない気持ちに駆られる人も少なくありません。

 

しかしながら、不確かな直感でトレードするのは、絶対に避けてほしい。

 

確かに、相場は四六時中どういう時でもいずれかの市場が開かれているし、マーケットも常に、変動しています。

 

しかしながら、何度も取引をするとその分だけ損失が生じる危険が高くなります。

 

当たり前ですが、注文の回数を積み重ねる事で、じょじょに儲けられる可能性が半々になるのは周知の通りです。

 

でもその事実は「なんだか分からない思いつきで注文」とは話が違います。

 

売買回数を増やすという意味は、「ここは勝てる」と思いついた感覚を得た場面でのエントリー回数を重ねるという意味です。

 

格段の理由がなく、次々と注文を重ねるのとは違います。

 

相場の駆け引きに負けないためには、あなたが意識的に緩急をつけることが重要です。

 

「ここだ!」と思い至ったマーケットの時には覚悟を決めて所持ポジションを積み増して、意識して儲けを追求する。

 

「明らかに頭をかかえる外国為替相場で、どう上下するのか考え付かないな」と考えた時は、持っているポジションをひとつ残さずクローズして何もせず静観します。

 

それくらいのけじめがあったほうが最終的に売買はうまくいきます。

 

外国為替市場の金言には「休むも相場」というものがある。

 

まったくその通り。

 

取引とは、常に売買ポジションを保有する事が重要ではなくどのポジションも所持せず何もしないことも状況によっては、外国為替相場です。

 

それでは、どのタイミングで休むべきなのでしょうか。

 

第1に考えられるのが、先述の通り、今の相場展開がよく見えない時。

 

今後上がるのか下がるのか決める事が出来ない時は、分からないまま行動すると、自分自身の書いた筋書きとは逆に市場が向ってしまい損失を被ることになる。

 

だから、こういうケースではポジションを諦め何もしないで静観を決め込むのが良い方法です。

 

次に、自身の体調が変なときです。

 

体の調子と相場に影響ないと感じる人もいると思いますが大きく影響します。

 

コンディションがよくなければ、外国為替相場のミスできない状況で、必要な決断が出来ない場合があります。

 

関心がわかない時はトレードから離れる事も大切な事です。

関連エントリー