Top > 株式投資 > やり直せるぐらいの負け

やり直せるぐらいの負け

外国為替証拠金取引ビギナーが相場の重要なところを理解するにはトレードを積み上げる事が不可欠です。

 

直前に危機を避けれるようになるようになるには、ミスを積み上げることも経験のひとつです。

 

ただし、間違いをするといっても持ち直せないほど重大な過ちをする事は話になりません。

 

やり直せるぐらいの負けを幾度か重ねる事が最後に自身の経験を増やしてくれる。

 

この考えではまずは小さな額で取引を行いここで何回か小さな失敗をすることをおすすめします。

 

ひとつの例として、100万円しか投資に回すお金のない場面で、よく考えずに100万円を全部投入して売買すると、失敗した時二度と立ち直れなくなってしまう心配があります。

 

それよりは、仮に資金の10%ずつ小分けしてトレードを行ない、それによってトレードを積んだ方が少しずつ損を回避する技術なども習得するはずです。

 

わずかな額でエントリーする事の利点は、自分自身の体験を増やしミスを回避する手法を習得していく事にありますが、それと一緒に、取引の回数を増やすことによって危険性を減らせるという価値もあります。

 

仮定として、トレードで利益を上げられる可能性が二分の一だと考えます。

 

すると、同じく5割の確率で損する可能性もあります。

 

勝率50%ということは2回に1回の率で利益が上げられる事を現しています。

 

だがしかし、全てを使って1回のみのトレードをするということは勝ちか、負けのどちらかだけになってしまいます。

 

このままでは丁半バクチと同じ。

 

すなわち、全てを投資して1回だけしか勝負しないと、その分だけ大損する比率が大きくなってしまいます。

 

だからこそ、投資するお金を全て賭けるのではなく、少しずつ分けて投資回数を積み重ねる事がリスク分散となる。

 

同時にいくつかに分けたとしても全てのトレードで勝利する事は必須ではありません。

 

と言うよりは、勝つことが出来ないのが本当のところです。

http://plaza.rakuten.co.jp/beradne/

売買で大切なのは、勝率ではなく、いくら儲けるかです。

 

勝ち負けが同じでも、3割でも儲かる時は儲かります。

 

負ける確率が高くても損がわずかであれば少ない勝ちの利益で十分儲ける事が出来ます。

 

それには、損失を少なく、利益を大きくを心がけることだ。

 

損したら素早く損切りし、それとは反対に勝った時は可能な限り大きく利益を上げることがFX取引初心者が外為取引で勝つための秘訣です。

 

株式投資

関連エントリー
やり直せるぐらいの負けテスト